(b.1982, Japan) Kota Takeuchi develops his activity across temporal and spatial divides in the conceptual method of parallel bodies and possession. Across the temporal divide: Aerial image to track the whereabouts of Balloon Bombs used during World War II, reproduction photo series of stone monument photos taken by a local historian, and footage of the demolition of a 19th century built movie theater. Across the spatial divide: font production by a security guard in the exclusion zone following the 2011 nuclear accident in Japan, photo installation of wearing clothes left in an evacuee's home. Tracing lost histories, working in separated areas, he does research, production and performance come together in the unified actions. Touching the people' memories such buildings, monuments, sculptures, archives, interviews with local historians and eyewitnesses, he pursues the images by recent modern means such as internet map apps, live streaming video, and UAV(drone) cameras. Exploring the relationship between media and human natures, the works give simulated sharing experiences with the artist himself and the viewers.

(1982生, 日本)パラレル・身体・憑依という概念的手段から、時間的・空間的隔たりを越えた活動を展開する。 時間的な隔たりを越えて…第二次世界大戦中に使用された風船爆弾の行方を追う空撮、郷土史家が撮影した石碑写真の再現、19世紀建造の映画館の解体映像。空間的な隔たりを越えて…2011年に日本で起きた原発事故に伴う立入制限区域で警備員が制作したフォント、避難者の自宅に残された服を着る写真。建築物、石碑、彫刻、公文書、郷土史家や目撃者のインタビューといった人々の記憶に触れつつ、インターネット地図アプリ、ライブストリーミング映像、ドローンカメラなどの現代的な手段でイメージを追う。メディアと人間との関係を探りながら、作者自身と鑑賞者の疑似的な共有経験を提供する。福島県帰還困難区域内の展覧会「Don't Follow the Wind」実行委員、また東京電力福島第一原発ライブカメラの前に立った「指差し作業員」の代理人として活動。



CV (Feb 2021 updated)



download portfolio (10MB) (November 2019 updated)


Upcoming;

Current;

"MOTコレクション Journals 日々、記す", 東京都現代美術館
2021年7月17日(土)− 2021年10月17日(日)
竹内公太「録画した瞬間それは覗きになった」(2011)、および指差し作業員「ふくいちライブカメラを指差す」が展示中。
詳細情報 展覧会ウェブサイト

2015.3 "Don't Follow the Wind" Fukushima, Japan

"Don't Follow the Wind" 出品作について About a work for "Don't Follow the Wind"


Past Activities:

個展「Parallel, Body, Possession


会期:2021年3月19日(金)-4月17日(土)13:00 - 19:00
*日・月・火・祝日は休廊
会場 : SNOW Contemporary / 東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル404
会期は状況に応じて変更になる可能性がございます。
http://snowcontemporary.com/exhibition/upcoming.html
これまでの活動の過程で制作した未公開のドローイング、写真を含む作品群を発表します。「Parallel(平行)」「 Body(身体)」「 Possession(憑依)」は竹内が自作品において鑑賞の拠り所として設定している概念であり、活動指針でもあります。本展ではドローイング、スケッチ、設計図から過去の活動を振り返ります。

------------------------

Tokyo Contemporary Art Award 2021-2023」を受賞しました

------------------------

「戦争と作品ー選ぶこと、知ること、カタチにすること。」
3月13日(土)17時 Zoomウェビナー
Guest/ 小林エリカ 竹内公太 Host/八谷和彦
無人島プロダクションで展覧会「秋水とM-02J」を開催される八谷和彦さんにお招きいただいて、お話しに参加します。
詳細情報 https://note.com/hachiya/n/n3c3e37682972
Peatix

------------------------

寄稿
詩歌・文芸出版社「いりの舎」発行の月刊「うた新聞」2021年3月号に「タイムトラベラーズ」と題した短い随筆文を寄稿しました


Dans l'?il du d?sastre - Cr?er avec Fukushima.』(Thierry Marchaisse 社)という本の中でKota TAKEUCHIがインタビューに答えています。

------------------------

グループ展「Sustainable Sculpture
会期:2020/12/11(金) - 12/25(金)
会場: KOMAGOME SOKO
------------------------

"Blind Bombing, Filmed by a Bat"was shown in;
group exhibition in Vienna, Austria
"Everything You’ve Ever Wanted is On the Other Side of the Planet"
venue: FJK3 at AIL
November 10 - December 5 2020
WEB
Curator: Hitomi Hasegawa
------------------------

「盲目の爆弾、コウモリの方法」(32分版・2020)が上映
"インターディシプリナリー・アート・プロジェクト・コウベ 2020 vol.5"
会場: 元町映画館(神戸)
2020年10月31日
------------------------

group exhibition in Vilnius, Lithuania
"Splitting the Atom"
venues: CAC/SMK Centre for Contemporary Art and Energy & Technology Museum
18 September - 25 October 2020
https://nuclear.artscatalyst.org/content/splitting-atom

------------------------


個展「Body is not Antibody
会期:2020年7月18日-8月15日 会場 : SNOW Contemporary
2019-20年福島県の帰還困難区域に勤務した警備員が現地で撮影した光跡写真とオリジナルフォント、関連作品を発表
------------------------

個展 「盲目の爆弾+」 2020.4.17(Fri) - 8.15(Sat)
会場: ARTS ISOZAKI(水戸)
※映像作品「盲目の爆弾、コウモリの方法」(39分, 2019)に加えて、関連ドローイングと写真展示

------------------------

Evidens.otf
One of the guard security in the Fukushima exclusion zone used his traffic baton to draw glowing letters. I turned them into a font.


Download the font Evidens.otf

------------------------

グループ展「まなざしを借りて
企画・キュレーション: 名もなき実昌 参加作家: キュンチョメ、小林太陽、竹内公太
会期: 前期2020年7月2日-5日、後期2020年7月9日-12日……(木・金)17:00〜20:00、(土・日)13:00〜20:00
会場: EUREKA(福岡)
※後期2020年7月9日-12日に映像作品「盲目の爆弾、コウモリの方法」(39分, 2019)を展示
------------------------


Online Screening Film Festival "JAPAN CUTS 2020"
July 17 - 30, 2020
32 min version of "Blind Bombing, Filmed by a Bat" is on screening.
※映像作品「盲目の爆弾、コウモリの方法」(32分バージョン, 2020)がオンライン上映
------------------------

グループ展「災禍とモノと物語り展」
*映像インスタレーション「ブックマーク」と写真作品「石碑を二度撮る」を出品
会期:2019/11/28(木)? 12/4(水)
会場: 広島市立大学芸術資料館
------------------------

TOKYO2021 美術展 "un/real engine――慰霊のエンジニアリング"
会期:2019年9月14日?10月20日
会場:TODA BUILDING 1F
※「盲目の爆弾、コウモリの方法」を出品
------------------------

2019年6月16日(日)
第58回MOT美術館講座 収蔵作家対談シリーズ『作家たちの対話』
第3回「情報社会のイメージ」 梅沢和木×竹内公太(指差し作業員代理人)
会場:東京都現代美術館 講堂
------------------------

盲目の爆弾
会期:2019年3月8日-4月13日 (日・月・火・祝 休廊)
会場:SNOW contemporary

photo : Keizo Kioku
cortesy : SNOW Contemporary
「盲目の爆弾、コウモリの方法」上映展示
------------------------
Blind Bombing, Filmed by a Bat 盲目の爆弾、コウモリの方法 2019, video(39min)
風船爆弾の歴史についてのビデオエッセイ。カメラ付き UAV による風船爆弾の動きの再演、小説、公文書記録、石碑、証言者インタビュー、資料写真等で構成される。案内役を務めるコウモリが、検閲、情報戦、プロパガンダ、現代の無人遠隔機と核施設、妖怪 " 手の目 " と人間に触れながら、遠隔技術と盲目について語り、人の知性と野蛮の両面が描かれる。

Video essay about the history of balloon bombs. It consists of UAV camera replays of balloon bomb's move, novels, official document records, monuments, witness interviews, and photograph materials. A bat take the lead this essay, topics of censorship, information warfare, propaganda, modern unmanned remotes machines and nuclear facilities, humans as like youkai (Japanese monster in folk tales)"Tenome (Eyes on Hand)", it talks about remote technology and blindness. Both human wisdom and viciousness are depicted.




------------------------

ACCアジア・カルチュラル・カウンシルのフェローシップ日米芸術交流プログラムで10月より6ヶ月米国滞在
ACC Blog : Following the Wind: Kota Takeuchi's Cross-Country Travels April 18, 2018

------------------------

横浜トリエンナーレ2017
会場:横浜美術館/横浜赤レンガ倉庫1号館/横浜市開港記念会館 地下 ほか
会期:2017年8月4日(金)‐ 11月5 日(日)
実行委員として参加しているキュレトリアルコレクティブ“Don’t Follow The Wind”が同展に参加。
展示場所の無料配布物の翻訳・校正・ドローイング・デザインを担当しました。
------------------------

「Search & Destroy」
会場:TAV Gallery 
会期:2017年9月29日 - 10月15日
2013年に山本現代/アラタニウラノ「未来の体温 after AZUMAYA」で発表した「エゴ・サーチ」油彩画インスタレーションを出品しました。
------------------------

アジア・アートビエンナーレ2017
会場:国立台湾美術館
会期:2017年9月30日 - 2018年2月25日
記事
2015年から福島県の帰還困難区域内の展覧会プロジェクト”Don’t Follow The Wind”。
竹内公太が同展に設置している作品を元にした、”写真インスタレーションの写真”を出品しました。
作品について:http://kota-takeuchi.net/timetravelers.html
------------------------

Nuclear Culture presents: Perpetual Uncertainty
会場:Z33 (ベルギー)
会期:2017年9月17日 - 2017年12月10日
前年スウェーデンUmeaのBildmuseetで開催された「Perpetual Uncertainty」がベルギーへ巡回。
竹内は写真作品「石碑を二度撮る」を出品。
「Nuclear Culture」を研究するキュレーター/リサーチャーEle Carpenterによる企画。同展参加作品の多くが関連書「The Nuclear Culture Source Book」に掲載されています。
------------------------

2 May 2017 - 14 May 2017 "Don't Follow The Wind in Fast Forward Festival 4", Acropol Hotel, Athens, Greece

1 Apr 2017 - 23 Apr 2017 "If only radiation had color." X AND BEYOND, Copenhagen, Denmark

------------------------

Feb 3rd - Mar 4th, 2017 個展 "写真は石碑を石にする、それでも人は
Photographs turn stone monuments into mere stone, but even so people take them.” Snow Contemporary, Tokyo
フォトレポート(ARTiT

Metamorphosis 変身 2017, 240 pieces of photographs, 1200 pieces of USB-UDP chips, clothes, shoes
『近代いわき経済史考』(1976,斎藤伊知郎)に掲載された石碑の写真のスキャンと、竹内による再現写真120組の並置、およびそれらの石碑の情報が記録された1200個のUSBフラッシュドライブへと変身した撮影者のインスタレーション
120 pieces of juxtaposition of photos. Photo of stone monument in the book "Modern Iwaki Economic History" (1976, Saito Ichiro) and reproduced photos by Takeuchi. And the installation of the photographer who metamorphosed into USB flash drives with information of these stone monuments recorded


taking photos of stone monuments twice

------------------------

Sun 2 October 2016 - Sun 16 April 2017 "PERPETUAL UNCERTAINTY" Bildmuseet, Bildmuseet Umea University S-901 87 Umea, Sweden

July 1st - 30th, 2016 "artist in residency at Arts Catalyst's Centre" Arts Catalyst, London

------------------------

Friday June 17th - August 13th, 2016 "Material Nuclear Culture" KARST, Plymouth

------------------------

2015/3/73/22 Tokyo, Japan
個展"Re:手の目", snow contemporary
フォトレポート(ARTiT
text"About "Re:Eyes on Hand" Re:手の目」について"

Eyes on Hand Ukedo-Coast
手の目 請戸の海岸 2015, oil on canvas, LED light, silicon
「手の目」と題して、過去の痕跡が残る場所の風景と、それを撮影するカメラを、油絵と照明機器で模りました。 写真や絵を前にして、「何かを見いだそうとする目、手」の有り様を含めて風景画としました。
Entitled "Eyes on hand", the oil painting scenery of the place where the trace of the past remains, and the lighting equipment modeled camera shooting. I made landscape paintings including the existence of "eyes, hands that try to find something" in front of landscapes.

------------------------
Bookmark
ブックマーク 2013-2015, video installation
石碑の文字の映像を組み合わせて作った、「我たシは石碑で無いケレど」という文。2013年に作った文の再制作。一つ一つの文字映像は、撮影時の手ブレのために揺れている。『近代いわき経済史考』(1976 斎藤伊知郎 著)という福島県いわき市の石碑について記述された本を参照した。
A sentence "I am not a stone monument, though" , made by combining videoss of the characters of the monument.

photo by Kioku Keizo

------------------------
24 June ? 8 August 2014 "The Fifth Season", James Cohan Gallery
------------------------
2014
67日−831"MOTコレクション特別企画 クロニクル1995", 東京都現代美術館
------------------------
2014
726-915"メディア/アートキッチン アオモリ ユーモアと遊びの政治学", 青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]
------------------------
2013/11/22-12/23 Fukushima, Japan
個展"影を食う光", 森美術館(いわき市大久町)
記録影を食う光 展示の記録と解説(pdfファイル 16MB)
document"Sight Consuming Shadow" notes of works in English (pdf file 16MB)

Demolition of Mihako-Theater
三凾座の解体 2013, video installation
A video installation. The appreciator watches the video that a theater is dismantled. And there are the figures of appreciators themselves on the video as audiences of the theater. The theater named Mihako had been the center of playgoing, storytelling and theatergoing of Yumoto where was a mine city and a hot spring resort from the end of 19 century to 1972's its closing. The old building was demolished in 2013.
二つの映像をひとつのスクリーンに重ね合わせる。映像のうちのひとつは三凾座という劇場が解体される様子であり、かつてスクリーンが設置されていた箇所から観客席側にむけて定点撮影したものである。 もうひとつの映像は展示会場、この映像の鑑賞者側を小型カメラを用いて撮影したもので、リアルタイムで別のプロジェクターから投影する。 ふたつの映像を投影する面はかつて三凾座で使われていた銀幕スクリーンを用いる。 鑑賞者は長いすに座って映画を観る要領で、劇場が解体される様子を内側から見る。 銀幕には解体される劇場と、その劇場に座る鑑賞者が映っている。解体される劇場の中に擬似的に居座ることができる。



展示の記録映像 video of installation




------------------------
2013/12/20-2014/2/16 Bangkok, Thailand
"Media/Art Kitchen ? Reality Distortion Field, Bangkok Art & Culture Centre"
------------------------
2013/10/05-11/02 Tokyo, Japan
"未来の体温 after AZUMAYA",
アラタニウラノ/山本現代

昔の鉄道跡を通って石炭を運んだ、ビデオカメラを付けたヘルメットをかぶって 2013, video installation
I had learned the route of a light railway for the coal transportation, then moved the same way. I went while watching LCD monitor of a video camera put on a helmet on my head.
図書館の郷土資料と住民への聞き込みで、今は無き石炭輸送用の軽便鉄道のルートを割り出し、かつて線路があったその道を移動する。その際ヘルメットにビデオカメラをつけたものを被り、液晶モニターを見て進む。


Egosurfing
エゴ・サーチ , oil on canvas
コーラを頭に乗せて街を歩く→エゴサーチして自分の写真を見つける→自画像を描く→ギャラリーでその絵を展示する→エゴサーチして自分の絵の写真を見つける→自分の絵の写真の絵を描く→ギャラリーでその絵を展示する。
Walking around the city with a bottol of cola on my head → Ego searching to find a picture of me → Drawing a photo of me into oil painting → Exhibiting that painting in the gallery → Ego searching and find a picture of my painting → Exhibiting the painting of picture of painting in the gallery.


------------------------
2013/4/6-6/9 Tokyo, Japan
"MOT collection Part2: Afterimages of tomorrow ",
東京都現代美術館
------------------------
2013/3/23-4/21 Tokyo, Japan
"サイドコア身体/媒体/グラフィティ", Terratoria
------------------------
2013/2/9-2/17 Fukushima, Japan
"42回いわき市民美術展",
いわき市立美術館

------------------------

>> before 2012

Interviews and other resources on the web.

(interview)
Misao Matsudaira, <Kota Takeuchi : "What I got from ACC">, ACC Japan Tsushin, Vol.1, June 21, 2021
<60seconds interview about Finger Pointing Worker>, KADIST, June 19, 2019
<福島県で暮らし、見つめるメディアの過去・現在・未来。竹内公太インタビュー>, Web版美術手帖, Mar 11, 2017
Mark Rickards, <In Godzilla's Footsteps > (10m42s-12m19s), BBC Radio 4, May 30, 2013

(articles)
Jason Waite, < The Energy Paradox>, Art Papers, Spring/Summer 2019
Ele Carpenter, < Getting Closer to Deep Time with Kota Takeuchi >, Z33, September 20, 2017
Julia Bryan-Wilson, Jennifer Gonzalez, Dominic Willsdon, < Themed Issue on Visual Activism>, SAGE Journals, April 14, 2016
Philip Brophy, <Don’t Follow the Wind>, Frieze Magazine, 2015/11 (review of the complicated group exhibition in the exclusion zone in Fukushima, Japan)
Sawaragi Noi, < A Restatement: The Art of 'Ground Zero' (Part 17) Kota Takeuchi and Fukushima II: The Correlation/Reciprocation between Paintings and Twitter >, ART iT, 2014/10/23
Sawaragi Noi, < A Restatement: The Art of 'Ground Zero' (Part 16) Kota Takeuchi and Fukushima I: The demolition and rebirth of Mihako Theater>, ART iT, 2014/07/05
John McDonald, < Fukushima: Art & Disaster>, March 15, 2014

布施琳太郎, < 作業員の死をいかにして「供儀」しうるか。布施琳太郎評「芸術競技」+竹内公太「Body is not Antibody」展>, Web版美術手帖, 20201107
村田真, < 竹内公太「Body is not Antibody」>, artscape, 2020
0901日号
村田真, < 竹内公太「盲目の爆弾」>, artscape, 2019
0415日号
村田真, < 竹内公太「写真は石碑を石にする、それでも人は」>, artscape, 2017
0315日号
村田真, < 竹内公太「Re:手の目」>, artscape, 20150415日号
植田工, < 個展を回遊する【連載第60回】竹内公太「Re:手の目」>, 日刊ハピプラアート, 20150318日号
椹木野衣, < 39:再説・「爆心地」の芸術(16)三凾座の解体とその再生(リバース)(前編)>, ART iT, 2014115
住友文彦, < 竹内公太「影を食う光/Sight Consuming Shadow>, artscape, 20140115日号
村田真, < 竹内公太「公然の秘密」>, artscape, 20120515日号
福住廉, < 竹内公太─公然の秘密>, artscape, 20120501日号
大西若人, < 証明不能な世界指摘 福島原発「指さし作業員」の個展>, 朝日新聞, 2012330

 

Contact:

Please write to: mail ( a ) kota-takeuchi.net

Gallery:SNOW Contemporary (Tokyo)
Artsy